住まいの「暑い」を解決!
遮熱塗装

省エネと快適さを手に入れるクールテクト・クールタイト

夏の照り付ける強い太陽熱は、外壁をも通過し室内温度を上昇させてしまいます。冷房を付けていても室温は上昇していくばかりですので、冷暖房効率も悪くコストも高く付きます。

夏の熱暑を防ぎ冷房効率を高めることができるのが「遮熱塗料」です。外壁や屋根に塗装するだけで夏場の強力な太陽熱を反射させ、室内温度を維持し冷房効率を高めることができます。

注目の遮熱塗料「クールテクト(外壁用)」「クールタイト(屋根用)」

東海市村塗装が取り扱っている遮熱塗料は「クールテクト(外壁用)」「クールタイト(屋根用)」です。「クールテクト(外壁用)」「クールタイト(屋根用)」は、塗装するだけで遮熱効果により冷房効率を高め、省エネに役立てることができます。従来の塗料より価格は高くなりますが、冷房費用削減効果が高いため、長い目で見ればお得になります。

  • クールテクト(外壁用)
  • クールタイト(屋根用)

外壁からの暑さ対策は「クールテクト」

遮熱性

クールテクトは、太陽光から発せられる近赤外線・遠赤外線のうち、放射熱エネルギーの強い近赤外線を強く反射する性質があります。近赤外線を高反射することで、躯体の温度上昇を抑制し冷房負荷を削減します。

サーモグラフィーでわかる遮熱性能

プレハブの壁面に一般塗料とクールテクトを塗装し、外壁の温度上昇をサーモグラフィーで観測したところ、右記のような結果になりました。最大約11度の温度差が観測されています。

※試験内容・結果はエスケー化研株式会社様による

耐久・耐候性

塗膜の劣化原因となる紫外線・風雨などに負けない、強靭な塗膜を形成。遮熱性能により表面温度が低減されるため、熱による劣化抑制にもつながります。

防水性

強靭な塗膜で雨水の浸入をシャットアウト。旧塗膜に発生しているひび割れ、巣穴などもしっかりカバーするので、防水性を高められます。

低汚染性

汚れにくく長期にわたって遮熱性を維持できます。

防カビ・藻性

カビや藻類などの微生物に対して強い抵抗性を発揮し、衛生的な環境に保ちます。

屋根からの暑さ対策は「クールタイト」

遮熱性

太陽光線の中で、放射熱エネルギーの強い近赤外領域を反射し、優れた遮熱性能を実現します。9月初旬の10:00~16:00にクールタイトと通常の屋根塗料を塗装した屋根の屋根裏温度を観測したところ、最大約15度の温度差が観測されています。その差は下記のサーモグラフィーではっきりと分かります。

サーモグラフィーでわかる遮熱性能

耐汚染性・耐候性

強靭な塗膜を形成し、優れた耐薬品性・耐候性・耐久性を発揮します。汚れによる遮熱性能の低下を防ぐこともできます。

防カビ・藻性

カビや藻類などの微生物に対して強い抵抗性を発揮し、衛生的な環境に保ちます。

東海市村塗装の特徴をチェック!

UVプロテクトクリヤー

アレスシックイ

WEB限定!キャンペーン実施中!